TEL LINE

さくら咲く整骨院の交通事故施術日記③ | 尼崎市・阪神尼崎駅・JR尼崎駅の整骨院ならさくら咲く整骨院

お問い合わせはこちら

Blog記事一覧 > 交通事故・むち打ち施術,未分類 > さくら咲く整骨院の交通事故施術日記③

さくら咲く整骨院の交通事故施術日記③

2016.01.28 | Category: 交通事故・むち打ち施術,未分類

こんにちは!

事故発生から常におかしている一番大きな間違い!

それはその④自分が被害者だと思い込んでいる

自転車でタクシーに跳ね飛ばされたという状況から自分が被害者で相手が加害者であると

思い込んでいるのでギャーギャー騒がず、軽傷なので許してあげようという考えから

私たちは、施術を受けなかったり警察にすぐ言わなかったり不用意に謝罪したり

してしまったのです。

その後、なんと裁判に敗れこちらが過失が大きいという事で多額の保障をさせられる

結果になりました。

タクシー会社は「自分達には一切非がない!」先に「迷惑をかけて申し訳ありません」と謝罪をした事で

自分たちに落ち度があったと認めていると主張したのです。

結果を聞きやり場のない怒りと母の「私のせいでごめんね」と言った悲しそうな顔を

覚えております。

交通事故はお互いが加害者でありお互いが被害者でもあるのです。

少し歯車が狂うとこのような結果になってしまいます。

運転手であるあなたが被害者になる可能性もあれば

歩行者であるあなたが加害者となる可能性もあります。

ではどのような対応をすればいいのか?

明日、まとめとおさらいをしましょう(´∀`*)ノシ

7月30日 サンプル 012