TEL LINE

ふくらはぎの豆知識 | 尼崎市・阪神尼崎駅・JR尼崎駅の整骨院ならさくら咲く整骨院

お問い合わせはこちら

Blog記事一覧 > 未分類 > ふくらはぎの豆知識

ふくらはぎの豆知識

2016.04.28 | Category: 未分類

ふくらはぎには代表的な筋肉が2つあります(^^)/

1つは腓腹筋(ひふくきん)と呼ばれる
太ももの骨の下側(膝の一部)からついていてアキレス腱となり
かかとの骨についている筋肉です☆

膝の外側と内側、2つの頭を持っていて
途中で合流し1つになってアキレス腱となります\(^o^)/

もう1つはヒラメ筋と呼ばれる
すねの横にある細い骨からついていて
腓腹筋と同じくアキレス腱になってかかとの骨についています

この筋肉はべたっとヒラメの様に平べったい筋肉で
腓腹筋をベロっとめくると下にヒラメ筋がある・・・
と言うような位置関係です(´▽`)

どちらもつま先立ちするときに働きますが
腓腹筋は膝をまたいでついているので
膝を曲げる働きもあります\(^o^)/

ちなみに腓腹筋は速筋(そっきん)と呼ばれ瞬発力に優れていて
ヒラメ筋は遅筋(ちきん)と呼ばれ持久力に優れているんです♪

なのでたくさん歩いたりとか走ったりすると
ヒラメ筋の方が疲れが溜まりやすいんですよね・・・

そうやってどんどん疲れが溜まっていって
疲労物質を身体から出せないでいると
固まってしまい足首の柔軟性が低くなってしまいます(´・ω・`)

かかとをつけたまま下にしゃがもうとして
(いわゆるうんこ座りと言うんでしょうか・・・)
しゃがめない方は足首が固いと言われています☆

皆さんの足首の硬さはいかがですか?
意外と足首が固いなんて気にしたことありませんよね。。。

ちょっとずつ自分の身体に向き合っていくと
面白い発見があるかもしれません(^◇^)

2014220155727

阪神尼崎・JR尼崎の交通事故・スポーツ障害に強い

さくら咲く整骨院 院長 西倉央倫