MENU
TEL LINE

暑いですね

2018.07.18 | Category: むち打ち,スタッフ,スポーツ障害,交通事故,任意保険,尼崎市,接骨院、整骨院,整骨院,未分類,症例紹介,美容鍼,自賠責保険,豆知識,追突,鍼灸,雑談

こんにちは!

 

暑い日が続きますね・・・

 

35度以上の日がこうも続くと熱中症が怖いっ!(>~<;)

 

熱中症の予防として

1 気温・湿度のチェック
熱中症は高温・多湿の環境に気をつけることが大切ですから、気温と湿度のチェックを怠らず、
室内では、エアコンや扇風機で環境を整えることが必要です。
高温環境を示す数値は「暑さ指数」を参考にするようにします。
気温・湿度・輻射熱から算出する指数で、夏になると毎日予報がでますので、
気にかけて服装などを決めると良いでしょう。

 

2 こまめな水分補給
暑い時は、目に見えなくても多量の発汗により、水分を失っています。
喉の渇きを感じる前に、こまめに水分を補給することが必要です。
特に運動や労働時は、注意が必要です。体を動かしている時は、
15分~20分おきには休憩をとり、水分補給しましょう。

 

3 暑い中での無理な運動を避ける
運動時は熱中症のリスクが高まります。
最も暑い時間の活動を避け、運動時間を短縮するなど、リスク管理が必要です。
普段より多く休憩をとるようにして、体調によっては、中止しなければいけません。
特に運動経験が少ない人は、リスクが高まります。
暑い時に急に運動を始めるよりも、日頃から運動をし、体を慣れさせておく必要があります。

 

4 服装
吸水性や速乾性に優れている通気性の良い素材を選ぶようにしましょう。
体を締め付けすぎないように気をつけ、熱を逃す工夫をします。
淡い色の方が暑さを吸収しにくいので、白などの色を選ぶようにして、
帽子や日傘で日差しを遮るようにします。

 

5 体調管理
疲労や体調不良が、熱中症の発生リスクを高めます。
寝不足や食生活が乱れないように、日頃から体調管理を怠らないようにすることが大切です

 

そして飲み物は

 

動時は、良く冷やして吸収を良くしたスポーツドリンクや、
水1リットルに、砂糖大さじ4、塩小さじ2分の1を加えた
簡易の経口補水液を用意しておきましょう。
運動前にコップ一杯程度、運動中はこまめに摂取を心がけます。
運動後は、運動前の体重と比較して、減っているようなら、
水分と食事で、体重を戻すようにします。
日常生活では、スポーツドリンクは糖分が多量に含まれているので避けた方が良いです。
ジュースも同様で、糖分の過剰摂取につながるので避けましょう。
なるべくカフェインの含まれていないお茶や水を常温で飲むようにします。
カフェインが含まれたお茶は、利尿作用があり水分を排出してしまいます。

 

となっておりみなさんもこの暑い夏を健康に過ごしましょう(^0^)ノ

 

ちょっと遅くなりましたが七夕の写真

 

和歌山から持って来た甲斐あって好評でした!!

 

 

 

尼崎または周辺で交通事故に遭われた際は06-7500-6080にお電話ください。
専門のスタッフが迅速に対応いたします。

阪神尼崎・JR尼崎の交通事故・スポーツ障害に強い

さくら咲く整骨院 院長 西倉央倫

 

当院へのアクセス情報

所在地〒660-0892 兵庫県尼崎市東難波町3-21-7 リヨンドハイツ1階
駐車場3台あり
電話番号06-7500-6080
予約予約優先制となっております
休診日日曜・祝日

フェイスブックの『いいね』お願い致します。