TEL LINE

操作ミスによる事故 | 尼崎市・阪神尼崎駅・JR尼崎駅の整骨院ならさくら咲く整骨院

お問い合わせはこちら

Blog記事一覧 > スポーツ傷害・障害,交通事故・むち打ち施術,光フェイシャルエステ,姿勢矯正・骨盤矯正,手首・肘・腕の痛み,未分類,股関節・膝・足の痛み,肩の痛み,脱毛(光脱毛を超えた光脱毛),腰痛・ぎっくり腰 > 操作ミスによる事故

操作ミスによる事故

2019.06.25 | Category: スポーツ傷害・障害,交通事故・むち打ち施術,光フェイシャルエステ,姿勢矯正・骨盤矯正,手首・肘・腕の痛み,未分類,股関節・膝・足の痛み,肩の痛み,脱毛(光脱毛を超えた光脱毛),腰痛・ぎっくり腰

こんにちは!

梅雨はどこいった?

という感じでしたがようやく今週の中ごろから雨みたいですね!!

最近よく聞く操作ミスの事故による死亡率で

ハンドルの操作ミスやブレーキの踏み間違えなどの操作不適も、交通事故による死亡原因の1つとなっているそうです。

そして、操作不適に関しては、

免許を取り立ての20歳以下の運転者

80歳以上の高齢運転者で特に多くなっています。

単路・正面衝突等死亡事故の発生件数比較

年齢

件/免許人口10万人

16~19歳 29.33

35~39歳 2.72

80~84歳 21.34

85歳以上 33.82

上記は平成28年における交通死亡事故について(警察庁交通局)の統計データ参照

最近話題の高齢者による事故以外にも意外と若い人も多いですね~

とはいえ、免許が取り立てであったり、高齢者の方であっても、車に乗ることを止める権利は誰にもありませんよね。

ただし、操作ミスが死亡率を高めることは確かであり、年齢によってその確率は変わってくるということは覚えておいた方が良いのかもしれません。

ロンドンの市場

尼崎または周辺で交通事故に遭われた際は06-7500-6080にお電話ください。
専門のスタッフが迅速に対応いたします。

阪神尼崎・JR尼崎の交通事故・スポーツ障害に強い

さくら咲く整骨院 院長 西倉央倫